読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

HIPHOPうんちくん

おもに米HIPHOPの新譜やアーティストのうんちくなどについてつらつらと執筆するブログです。

カニエ・ウエスト「Real Friends」対訳

アルバム『The Life Of Pablo』の発売に先駆けて発表されていた「Real Friends」、アルバムを通して聴くと「めちゃええ曲やんけ…」と惚れ直したので訳しました。

オリジナルの英語歌詞はコチラで。

-------

 

ヴァース1:カニエ・ウエスト

リアルな友達、何人いる?

俺たちの中でリアルな友達呼べるのは?

ジェラってくるヤツらはどれくらい?

リアル・フレンズ

そんなに多くないさ、お互い笑顔でいられるヤツっていうのは

正直でいられるのは?これは信頼問題だ

ウザいから電話番号を変えたのさ

もしもお前が良からぬ事を考えていても、責めはしないぜ

俺には問題なんて無い、自分のやり方を貫いているだけ

お前も自分なりに頑張ってるならいいんだけど

俺は金策に困っていて、家族の集まりが大嫌い

聖餐会でも泥酔して、教会をめちゃくちゃにしちまった

タダで配ってるワインを撒き散らして、おかげでタキシードが汚れちまった

地元の街には1日しか居られないのさ、

一体、何をやってんだ?

お前のリアルな友達は誰だ?

俺たちはみんな、どん底から這い上がってきた

俺はいつだってお前を責める

でも何が悲しいかって、お前は取るに足らない存在だってこと

チクショウ、彼女に電話するのを忘れちまった

木曜日だと勘違いしてたぜ

そもそも、何でお前は俺に電話するのに1週間も掛かってるんだよ

あいつの誕生日を最後に祝ったのはいつだったっけ?

こんなに急がず、最後にゆっくり出来たのはいつだったっけ?

 

ブリッジ:タイ・ダラー・サイン

バスケのシーズン中、チケットが欲しかったら俺に言ってくれよ

お前の娘にフェイスタイムで電話を掛けるときも俺に言ってくれよ

俺たちが若かった頃でさえ、ちゃんと時間を作ってたよな

今じゃ忙しすぎてなかなか時間割けない俺たち

俺の…

 

フック:カニエ・ウエスト&タイ・ダラー・サイン

リアルな友達のためにさえも

俺、自分にふさわしいものはゲトったはずだよな?

(ストリートの噂話だって、実際に彼から聞いたモノじゃない)

俺、自分にふさわしいものはゲトったはずだよな?

(俺の名前を使って、あいつの悪口を言ってるんだ)

 

ヴァース2:カニエ・ウエスト&タイ・ダラー・サイン

俺はお前の娘の年齢さえ知らなかった

お前の息子の年齢さえ言い当てられなかった

俺にも息子が産まれるっていうのによ

俺にはすでに一人、娘がいるっていうのに

自分の家族のことすらあまり話さずに

ウマいモノがあると姿を見せていただけ

15分もあれば、お前の妹と写真だって撮れる

メリー・クリスマスと伝えて、それでおしまい、すぐに仕事に戻るのさ

本気の話が聞きたいって?

俺がまだプレッシャーに耐えられると思ってるんだろ

あの請求書の話は止めてくれよ

誰だって抱えてる問題さ、子供たちは関係ない

お前は俺の友達だろ?

あいつらは俺をクレイジーだと思ってるんだ

お前は俺を守ってくれた

おかしな話だけど、俺は何世紀も仲間と話していないのさ

正直に言うと、俺はお前のエネルギーを感じないんだ

金はお前の親族さえも敵に変えてしまう

あいつらが取り繕っているほど、実際はリアルじゃない

 

ヴァース2:カニエ・ウエスト&タイ・ダラー・サイン

リアルな友達を探しているんだ

俺たちの中でどれくらい?

リアルな友達と呼べるのは

リアルな友達に向けて、リールが巻き終わるまで

タイヤが外れ落ちてしまうまで、タイヤが回らなくなってしまうまで

午前三時に電話を掛ける

リアルな友達は何人いる?

何気ないことを聞いたり

何気なく気持ちを察するような友達は

何人いる?

「お前、調子どう?元気にしてるといいんだけど」なんてメールしてくるヤツが大嫌いなんだ

「元気にしてるよ、最高だぜ」なんて返すと、次の返事では何か頼みごとしてくるから

何人いる?

お前の家族にとってベストなものって何?

近くても、遠くても

どんな口論でも、メディアが囃し立てるのさ

イトコが俺のPCを盗みやがった

ハメ撮り映像も入っていたラップトップ

俺はそいつに250,000ドル払って取り戻したんだぜ

リアルな友達

 

フック:カニエ・ウエスト&タイ・ダラー・サイン

リアルな友達のためにさえも

俺、自分にふさわしいものはゲトったはずだよな?

(ストリートの噂話だって、実際に彼から聞いたモノじゃない)

俺、自分にふさわしいものはゲトったはずだよな?

(俺の名前を使って、あいつの悪口を言ってるんだ)